歴史を知る|太ったと思ったら痩身エステに駆け込もう|体型のお悩みグッバイ
婦人

太ったと思ったら痩身エステに駆け込もう|体型のお悩みグッバイ

歴史を知る

女の人

脱毛に関する歴史について

脱毛の歴史を見てみると、紀元前の古代オリエント文明やエジプトなどで脱毛剤が用いられていたという記録があります。日本での脱毛の記録に関しては、平安時代に額の形を整えるために行われていました。 本格的に永久脱毛を目指すようになったのは19世紀に入ってからで、硫酸を塗ったり汚れた針を毛穴に差し込んで炎症を起こさせるという現在では考えられない方法もとられました。 1875年には電気分解脱毛による逆さまつげの永久脱毛が行われるようになりましたが、処理に時間がかかり過ぎるという問題がありました。1924年には高周波脱毛という方法が登場し、1928年には電気分解と高周波合わせたニードル脱毛と呼ばれる方法が登場しました。これは現在でも改良されながら行われている方法で、1970年代になると日本でも普及するようになりました。現在主流のフラッシュ脱毛は1998年に紹介されて、その後次第に普及していったといわれています。

より効果的な方法が開発されるのでは

脱毛エステサロンでの施術方法は登場してからどんどん改良されていっています。以前は電気針を用いた施術方法が用いられていましたが、この方法は手間がかかって効率が悪く、しかも技術を要する方法であり、問題も多かったのですが、IPL(インテンス・パルス・ライト)という方法を用いる事によって、手軽で効率的に施術する事が可能になりました。さらにIPLが普及してきた頃からは、女性だけでは無く男性でもヒゲなどを処理する人も増えて需要が高まっていきました。 現時点でも技術的に改良されたおかげで大分一般的になってきていますが、まだ人によっては効果の程に不満があるというケースや痛みがあるという問題はあります。しかし、そうした問題も時間と共に新しい方法が開発される事によって解決していくのではないかと考えられます。